[感想/レビュー]Bloodstained:Ritual of tha night

Bloodstained

PS4版のBloodstained Ritual of the nightを
クリア、マップ達成率100%となったので感想、レビューを書いてみます。

ちなみに北米版を購入しましたが、完全日本語対応だったので
10/24日発売予定の日本語版の感想と思ってもらって大丈夫かと。

ちなみにクリアまでのプレイ時間は20時間弱だったと思います。

キャッスルヴァニア好きにとっては100点!

このBloodstained:Ritual of tha night はコナミでドラキュラ、キャッスルヴァニアシリーズを
開発していた、IGAさん独立後の最新作。

キャッスルヴァニアの特徴は
・2Dアクション
・収集要素、Lvアップ要素あり
・マップを埋めていく快感
・ドラキュラシリーズ特有の雰囲気

この辺りかと。

bloodstained

多くの人が、キャッスルヴァニアの新作をプレイしたい!
と思って、待ち望んで来た一作。

その期待に100%応える

まさにキャッスルヴァニアシリーズ好きには堪らない作品になってます。

マップを埋めていく要素も健在。
隠し部屋も結構あるので、マップをじっと見ながら

「ここ、隠し部屋じゃない?」

とか想像しつつ、楽しめました。

bloodstained

武器、防具、素材、シャード、、、多数の収集やり込み要素あり

このゲームの楽しみの一つは
武器、防具、アイテムなどを収集していくところ。

今作では

素材を集めてのアイテム、武器、防具の作成(錬成)
敵を倒したら稀にもらえるシャード(敵の特殊能力が使えるようになる)集め

が特徴的。

Bloodstained アーヴァント村

特にシャードは

何度も敵を倒しシャードを複数集めることによる「グレード」
→ 威力が高まる

素材、アイテム等で錬成してアップさせる「レベル」
→ 発射できる数が増えるなど、シャードの特性が変わる

の2種類の成長要素が存在するので
お気に入りのシャードを見つけて強くする!

なんてことをやっていると、あっという間に時間が過ぎていきますw

最高のサウンド

妖しくもカッコイイサウンド!
特に双竜の塔のサウンドは素晴らしい!ので是非聞いて欲しいところ。

bloodstained

10/24発売のパッケージ版には全46曲の
オリジナルサウンドトラックが付いてくるとか。

良曲ばかりなので、サントラはお得ですよ!

動きは若干もっさり気味

スタートすると、おそらく全ての人が思うこと

「動きが重たくない?」

Bloodstained

もちろん、後々動きが速くなる装備品、シャード、2段ジャンプなども出てはくるのですが
動きが

「あ、普通になったかな?」と思えるような装備品が出てくるのは中盤辺り。
超快適!!と思えるようなシャードが出てくるのは、最終盤。

この辺、もう少し操作キャラの動きは軽め(速め)でも良かったかな?とも思います。
昔のキャッスルヴァニアも、もちろんこれぐらいのスピードだったように思うので
それに合わせてあるようには思いますが。

古典的であるがために、少々分かりづらい箇所も

ボスを倒した後には特殊能力が手に入るため、
今まで行けなかった所に行けるようなります。

ただ、「次どこに行けばいいか」が明確に表示されるわけではないので

「あれ?どこに行けばいいの?」と迷う人も出てくるかと。

もちろん、昔のゲームであればこれが次にどこに行けるかを探察する!
というのも楽しみの一つで

それが普通だったんですが、今の親切なゲームに慣れている人からすれば
不親切と言われる可能性も。

ちゃんと会話を聞いていないと
あっさりバッドエンディングになる箇所もあったりします。

進行不可ではないが、いくつかのバクあり

進行不可になるわけではないので、特に気にならないと言えば
気にならないんですが。

敵を倒した場所によっては、出現したアイテムが取れない
なんてことも起こります。

また、エンディングでラスボス倒した時の破壊音がずっと鳴り続いているバグは
せっかくエンディングに浸りたいのに( ˘ω˘ )
と、少し残念な感じではありました。

ただ、あくまでも北米版の話なので、10/24発売の日本語版では
しっかりと修正されている、ことを期待しますw

感想まとめ

さて、感想をまとめると。

今までのキャッスルヴァニアシリーズが好きで、待ち望んでいた人にとっては
間違いなく買い!!です。今すぐ予約、または購入しましょう(笑)
最高に楽しめると思います。

Bloodstained 永久氷棺

ただ、今まで遊んだことが無くて、
あんまり知らないけど、やってみようかな?という人。
特に、最近のゲームに慣れ親しんでいる人にとっては

オートセーブも無く、次の目的地も示されない
動きは若干モッサリ気味、などなど

不親切と取られがちな部分もあるかもしれません。

それでも、プレイすればするほど
マップを埋めていく快感、収集要素、絶妙なゲームバランス

など、楽しめる要素は満載なので
ぜひ、プレイしてみて欲しいゲームですね。

プレイ日記も書いているので、宜しければ。

BloodStained:Ritual of the Nightのプレイ日記その1 チュートリアルから最初のボスまでをゆるーく書いてます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告